ニュース

映画祭レポートの記事

ドバイ国際映画祭レポート

2012年12月20日

12月13日~17日まで、ドバイ国際映画祭に参加してきました。
韓国、イタリアの映画祭を経て、初の中東上映になります。

今年で9回目とまだ若い映画祭ですが、今年からディレクターが変わった
そうで、世界各国から意欲的な作品が集められていました。特色はフィクシ
ョン、ドキュメンタリー、短編それぞれで、アラブ部門が別に設けられて
いること。アラブ映画発信の中心であるという自負が伺えます。
本作がノミネートされたアジア・アフリカ地域のドキュメンタリー部門は、
インド、中国、フィリピン、ジンバブエ等々、様々な国の作品が並びました。

ドバイは言わずと知れた、中東で最も経済的に発展している都市。上映
会場のシネコンが入っている巨大ショッピングモールの屋上には、通年
オープンしている人口スキー場が!。スケールが大きいです。

中東では、東アジアの作品にはあまり関心が向かないと事前に聞いていた
ましたが、本作の上映はチケットはほぼ売り切れ。たくさんのお客さまが
来場してくださいました。上映中は、絵本の中で繰り返される「ねこは〇
〇が嫌いだったのです」で毎回爆笑が起こり、日本ではない反応に驚きま
したが、映画が「死」と向き合っていく過程では、徐々に作品に入り込ん
でいく空気に。

Q&Aでは「なぜ猫をたくさん撮影したのか」「出演している女性たち
はどうして自分の傷についてあれほど話してくれたのか」といった質問が。
一つ一つ丁寧に答えていく小谷監督と観客のやり取りには時折笑いも起こる
和やかな場でしたが、「とてもよかった・・・」という一言だけで涙ぐんだ女性も。
密度の濃い、あっという間の30分でした。

作品の上映後、ドバイ現地だけでなく様々なメディアの取材が入りました。
上映をきっかけに多くの方に作品を知っていただいた、実りある映画祭参加
でした。



トリノ国際映画祭 レポート

2012年12月3日


11月29日~12月1日まで、トリノ国際映画祭に参加してきました。小谷監督にとっては前作『LINE』も上映してくれたご縁のある映画祭。3年ぶりの参加になります。

トリノは、ミラノから車で1時間半ほどにある北イタリアの古都。古い建築物が残る街のあちこちで映画のポスターをみかけました。今年で30周年を迎えるトリノ国際映画祭は、作家性の強い作品をセレクトし続けている個性派の映画祭です。『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』は、ドキュメンタリーコンペ部門でのノミネート。様々な国から集まったのは「ドキュメンタリー」の定義を揺るがすような意欲的な作品群。上映会場は「LUX(リュクス)」という映画館。トリノで現存する劇場の中でも、かなり古くからある映画館のようで、アールヌーボー的な外観が素敵でした。劇場内は改装されていて最新の上映設備が整っています。

開場から間もなく、約250席ほどの場内はほぼ満員に。エンドロールが始まるとすぐに盛大な拍手が沸き起こりました。上映後、小谷監督が、絵本を片手にイタリア語でご挨拶すると会場の雰囲気が一気になごみました。質疑応答も活発で、一つ一つの質問に対して小谷監督は真摯に答えていきました。上映後、絵本「100万回生きたねこ」がイタリアで出版されていないことを残念がる声が多かったのが印象的でした。今回の上映が何らかのきっかけになってもらえれば嬉しいですね。



トリノ国際映画祭にノミネートされました!!

2012年11月7日


『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』が、
第30回トリノ国際映画祭ドキュメンタリー・コンペ部門「TFFdoc」にノミネートされました!!
同映画祭は、11/23〜12/1イタリアのトリノで開催されます。
小谷忠典監督は11/29~12/1まで現地滞在の予定です。
伝統ある国際映画祭で、どのように本作が観られるのか楽しみです!

映画祭公式WEBサイトはこちら→ http://ht.ly/f3IJt



釜山国際映画祭レポート 2

2012年10月25日


10月12日(金)2回目の上映もソールドアウトの満員御礼。
渡辺真起子さんからのアドバイスを受け、韓国語での挨拶にチャレンジした小谷監督。
「アンニョンハセヨー」と発した瞬間、満員の会場全体が一気に和みました。

絵本の説明で「35周年の絵本で、僕と同い年」と伝えると、客席から予想外
のどよめきが。韓国のお客さんたちのリアクションが素晴らしかったです。上映前
に書店で購入した韓国語翻訳版「100万回生きたねこ」を手にしながらの
舞台挨拶でしたが、上映後の同ビル内のの書店では既に絵本は売り切れに!

閉会式では、レッドカーペットを歩きました。事前に段取りを何も聞かされて
いなかったので、会場に入ってからその大きさに面喰いながらのウォーキング
でしたが、嬉しいハプニングでした。

(写真提供=伊藤華織/※クロージングセレモニーの写真は、提供=釜山国際映画祭)

カテゴリー:映画祭レポート


釜山国際映画祭レポート 1

2012年10月12日


10月3日から開催しているプサン国際映画祭。
『ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ』チームは、小谷忠典監督とスタッフで10日から参加しました。
アジア最大の国際映画祭であるプサン国際映画祭は、至るところにポスターが貼られ、街中が映画祭一色。
メイン会場となる「映画の殿堂」周辺には、たくさんの制作者や、観客が溢れる活況ぶり。

CGVシティ内のシネコンにあるキャパ約400人、大スクリーンの上映会場では、
既にチケットはソールドアウト。本作にとってのワールドプレミアになる本上映後、
会場全体から盛大な拍手が沸き起こりました。

その後のティーチインではまず小谷監督が登場。観てくださった観客の皆さんにお礼をお伝えしました。
一通りお話した後は、出演の渡辺真起子さん、プロデューサーの大澤一生も登壇。
質疑応答では「猫が印象的だった。日本における猫はどのようなものか?」といった質問も。
「死ぬということ、生きることについて、深く考えさせられた」と感想が寄せられました。
渡辺さんや大澤に話をふりながら、一つ一つの声に丁寧に答えていく小谷監督。
40分ほどのQ&Aの時間はあっという間に過ぎました。

(写真提供=伊藤華織)

カテゴリー:映画祭レポート