ニュース

【トークレポート】2013/1/13 渡辺真起子さん×小谷監督

2013年1月21日

2013年1月13日(日)
19:00の回上映後、ゲスト:渡辺真起子さん(俳優) ×小谷忠典監督
本作にもご出演いただいている渡辺真起子さんにお越しいただきトークショーを行いました。イメージフォーラムでの公開初日以来のお二人、たっぷりとお話していただきました。

左から:渡辺真起子さん、小谷監督

 

お二人が最初に会ったのは、監督が前作『LINE』でトリノ国際映画祭に招待されたとき。
渡辺さんは、佐野さんのご子息で絵本作家の広瀬弦さんが同級生ということもあり、佐野さんとは生前親しくされていたそうです。本作の企画書を佐野さんのご自宅でたまたま目にしていという渡辺さん。
監督もそんなこととは全く知らなかったそうですが、この出会いをきっかけに渡辺さんに出演オファーをしたということです。

 

まさに運命的な出会いではあったものの、撮影は困難も多かったということで…
当初は読者のひとりとして登場してもらったものの、実際に佐野洋子さんを知っている人物であり、さらに俳優であることから、監督自身も渡辺さんをどう捉えていくか、作品にしていくか悩んだそうです。
さらに佐野さんの死、東日本大震災が起こったことで製作は行き詰ってしまったということでした。

 

佐野さんは生涯で40回くらい引っ越ししたということで、佐野さんがいた場所、軽井沢や留学していたベルリンなども巡った監督。
「最後に佐野さんの故郷の北京にいこう、と思ったんです。そのときに北京を渡辺さんが歩いている風景が浮かんで…真夜中でしたがすぐ電話したんです。」

「監督からの電話で、まだ探っているんだ、と思いました。自分自身も身近な人の死や震災が起こったことで気持ちが揺らいでいる時期でした。でも、続いてきたものは、人に何を言われようとも引き受けよう、応えよう、と決めた年だったんです。だから詳しいことも聞かずにすぐやろうと伝えました。」と渡辺さん。

 

北京での撮影も大変苦労されたそうですが、ある時、渡辺さんの話を聞いていて北京のラストシーンが浮かんだそうです。
「北京の町を歩いてもらうと、渡辺さんが佐野さんに重なって見えてきました。」と監督

 

渡辺真紀子さんからの鋭い突っ込み小谷監督がたじたじになる場面も。しかしその裏には2年以上の製作期間を経て築かれたお二人の信頼が感じられるお時間でした。ぜひ、シーンを確かめに、劇場にお越しください!
渡辺真起子さん、ご来場のみなさん、ありがとうございました!

 
☆お知らせ☆
舞台「祈りと怪物~ウィルヴィルの三姉妹~」(2/3まで) http://www.bunkamura.co.jp/cocoon/lineup/13_inorininagawa.html
映画『チチを撮りに』(2/16公開) http://chichitori.com/
映画『だいじょうぶ3組』(3/23公開) http://daijyobu-3.com/
映画『タリウム少女の毒殺日記』(7月公開) http://gfp-bunny.info/

などなど、渡辺真起子さん出演舞台、出演映画が目白押しです!どうぞお楽しみに!

カテゴリー:トークレポート


【トークレポート】2013/1/12  甲斐みのりさん×小谷監督

2013年1月16日

★2013年1月12日(土)
19:00の回上映後、ゲスト:甲斐みのりさん(エッセイスト) ×小谷忠典監督
パンフレットに「洋子さんの気配」というタイトルでご寄稿いただいているエッセイストの甲斐みのりさんをゲストにお招きしトークを行いました。


左から:甲斐みのりさん、小谷監督

 
甲斐さんはなんとこの日、白い猫の柄のワンピースを着てご登場いただきました!(監督もお客さんもうっとり!)

 

昔から絵本『100万回生きたねこ』も佐野洋子さんも大好きだったという甲斐さん。
「人は愛するために生まれてきた」という佐野さんの言葉。それを佐野さん自身の声で聴けたのが本当に嬉しかった、とお話くださいました。

 

映画には、さまざまな世代の絵本『100万回生きたねこ』の読者の女性たちが映しだされます。「佐野さんは彼女たちの映像を見たんですか?」という甲斐さんからの質問も。
小谷監督は、映像は見せてはいないですが、読者の方たちの話を佐野さんにも伝えていたそうです。「佐野さんは、読者の方たちが抱えている悩みや弱さについてその話をじっと聞いて、一緒にその問題について考えてくれていました」と小谷監督。

 

実は、甲斐さんは絵本を最後に読んだときの記憶が痛みだったそうですが、映画を観てそれが変わったということです。「とらねこではなく、とらねこに愛されなかった側の人たちの気持ちに感情がいってしまい、つらくて絵本を閉じてしまいました。映画を観た後、再び読み返すと痛みではなく、その先のものを感じられました。絵本には描かれていない、とらねこに愛されなかった王様たちの人生、とらねこと出会う前のしろねこの想い、想像力が沸いて、そういったことに想いを巡らせました。痛みだけでないものを映画をきっかけに気づかせてもらいました。」

 

 

絵本と映画を通して、生きること、愛することについて考える素敵な時間となりました。
甲斐さんにご寄稿いただいた「佐野さんの気配」が掲載された映画公式パンフレットは劇場限定販売ですので、ぜひ劇場にお越しください!
甲斐みのりさん、ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました!

カテゴリー:トークレポート


【トークレポート】2013/1/6  諏訪敦さん×小谷監督

2013年1月10日

★2013年1月6日(日)
15:00の回上映後、ゲスト:諏訪敦さん(画家) ×小谷忠典監督
絵画作品集「どうせなにもみえない」など、国内外で注目の画家・諏訪敦さんをゲストにお招きしトークを行いました。

左から:諏訪敦さん、小谷監督

 

芸大で油絵を専攻していた小谷監督。
「諏訪さんの「写実絵画」、対象を忠実に描いていくという方法は、シナリオ通りに作られていくフィクションより、撮影するなかで発見していくドキュメンタリーとつくり方が似ていると思っています」と小谷監督。
「そして現実を忠実に描いていくだけではなく、その中で想像が生まれて、現実と想像を織り交ぜながら、映画をつくっています。そういう部分で諏訪さんの絵画に共感しています。」と監督が語ると、

「なるほど。それで僕は呼ばれたんですね。接点が無いのに突然連絡がきて…」と諏訪さんがおっしゃり、会場では笑いが起こりました!
(実はこの日始めた会ったお二人。本作製作にも刺激を受けていた諏訪さんへ、小谷監督が直談判したことで実現したトークイベントでした!!)

 

「ドキュメンタリー作品にはあまり無い、絵画的な意味でも美しい映像が貫かれていて、とても印象的でした」と諏訪さん。
「写真そっくりに描くことが「写実絵画」ではないんです。視覚的な情報ですが、現実にあったことを尊重するということが、最低限のテーゼです。その点では、ドキュメンタリーにも近い部分があるように感じます。」とお話くださいました。

 

さらに小谷監督が、佐野さんの死が実感出来ず認められなかったと明かすと、諏訪さんの舞踏家・大野一雄さんや、自身の父親の姿を描いた連作についてもお話いただき、「死」を実感すること、それを受け入れるということにもお話が広がりました。お互いの作品から「生と死」について深く洞察するお時間となりました。

 

◆諏訪敦さんのブログでも、ご紹介いただきました。
http://atsushisuwa.cocolog-nifty.com/blog/

この日は、満員・立ち見の方も出る大盛況となりました。ご来場ありがとうございました。
お越しいただいたにも関わらず、ご覧いただけなかった方もいらっしゃり、大変申し訳ございません。この場をお借りして改めてお詫び申し上げます。
また、特別に諏訪敦さんのインタビューが掲載されたフリーペーパー「PARTNER」も配布させていただき、ご協力いただいた関係者のみなさまありがとうございました!

カテゴリー:トークレポート


1/13(日)イメージフォーラムでのトークに渡辺真起子さん決定!

2013年1月9日

今週末からの連休中1/13(日)に、俳優の渡辺真起子さんのトークゲスト出演が急きょ決定いたしました!

 

★2013年1月13日(日)
19:00の回上映後トーク:渡辺真起子さん(俳優)×小谷監督

 

12/8(土)の公開初日にもご登壇いただいた渡辺さんですが、短い舞台挨拶の時間ではお伺いしきれなかった撮影中のお話をたっぷりお伺いいたします。
連中の中日、ぜひ劇場にお越しください。

カテゴリー:イベント情報, 劇場情報


小谷監督作品『LINE』1/21(月)一夜限りの復活上映決定!

2013年1月8日

小谷監督の前作であり、初めてドキュメンタリーに挑戦した『LINE』の一夜限りの特別上映が決定いたしました!

2010年に劇場公開され、ソフト化されておらず観る機会が少なかった本作ですが、多くの上映希望の声のおかげで、一夜限りですが上映されます。
この機会に是非ご覧ください。

★上映日時★
日にち:1月21日(月)
時間:19:30開場/20時上映開始 (本編上映時間52分)
会場:アップリンクF(渋谷区宇田川町37-18)
地図:http://www.uplink.co.jp/info/map/
※上映後、小谷忠典監督、大澤一生プロデューサー、萩野亮さん(映画批評/「neoneo」編集主幹)によるトークイベントあり

 

————————————————————————————–
『LINE』 http://line.2u2n.jp/
2008/日本/52分/スタンダード/カラー
監督・撮影・編集:小谷忠典 製作:ソライロフィルム 配給:ノンデライコ

 

すべてはひとつの「線」となって繋がっていく
ヨーロッパの各映画祭で静かな熱狂を巻き起こした新世代ドキュメンタリー

 

波打つ水の波紋。自転車で走っていく後ろ姿。大阪府大正区。ここは沖縄からの移住者が多く住む街だ。
足の踏み場もないほど散らかった部屋で父と暮らす監督・小谷忠典の日常とその目に映ったものが綴ら
れていく。
酒に溺れる父と、血のつながりのない恋人の子どもとの日々の暮らしの中に言葉にならない苛
立ちが積み重る。
苛立ちを抱えたまま、小谷は自らが住む街と深く結ばれる沖縄に向かった。

 

そこで目にしたコザの娼婦たちの顔、体そして裸体。誰も見ることのない、彼女たちの体に刻まれた「傷と言葉」が一本の線となって、小谷と沖縄を繋いでいく。
その線が向かう先はどこなのか?。

血と地を超えた「LINE」が親と子のつながりを紡いでいく。

 

★コメント★
――魚喃 キリコ(漫画家)
小谷監督からのお手紙で、わたしの漫画で肯定されてきた、
とありましたが、この映画でわたしは肯定されました。
わたしの体にも心にもゆくてにも、いくつものLINEがあります、目に痛いくらいに鮮やかに血を流しながらで。
でも、これで、いいのですよね小谷さん。

 

――石内 都(写真家)
3人の男の危うい存在の関係がかすかな線を描き、沖縄の女達の純仕事の磁力を表出させた、小谷監督の真剣なまなざしが全編を貫く。見つめるという愛の行為と傷を負って生ざるをえない人間の悲哀と痛恨の物語だ。
血縁から他者へ、ドキュメントから想像へ、母なる沖縄を内包した切実たる映画である。

 

――福間 健二(詩人 / 映画監督)
生きることも、表現することも、ここでは、いまをただ受け入れるのでも拒否するのでもない、必死の遠まわりだ。
写真に近づきながら、なおはげしく映画であり、世界の傷を見つめた先に、確かにつかまえているものがある。

 

カテゴリー:イベント情報, 最新情報